すっぽんが人々に食されるようになった歴史背景について

肥後すっぽんもろみ酢|脂肪が燃えるダイエットサポートサプリ

30日分実質無料はこちら!



<↑↑トクトクコースで初回実質無料↑↑>

すっぽんが人々に食されるようになった歴史背景とは?

読了までの目安時間:約 3分

肥後すっぽんもろみ美容と健康の源として大人気のすっぽんですが、一体いつ頃から人々の間に広まっていったのでしょうか。

 

すっぽんが食されるようになった歴史背景をのぞいてみましょう。

 

やはり、最も古い歴史を持つのは中国で、3000年から4000年前に、すでに食されていたという記載があります。

 

当時は一部の特権階級の人たちが食す珍味、というような存在で、あの、有名な絶世の美女楊貴妃も、好んですっぽんを食べていたようです。

 

その頃からすでにその美容効果が認識されていたのでしょう。また、漢方薬などの材料としても注目されていました。

 

日本では、初めてすっぽんが登場するのは縄文時代で、その頃の貝塚から骨が出土しています。

 

弥生時代の古墳からも骨や化石が発掘されており、有名な歴史書である「続日本記」には、文武天皇にすっぽんが献上されたという記録が残っています。

 

ただし、この頃は食材として利用されていたという記録は残っていません。
食用として広く利用されるようになったのがはっきりと分かるのは江戸時代の中頃からで、庶民の間でもすっぽんを食べることが広まったようです。

 

江戸時代の人たちにとっては、リーズナブルな庶民の食べ物でした。

 

ところが、それが返って仇となり、どんどん増える需要に供給が追い付かないような状態になってしまいました。

 

それで、段々と高級食材という今のイメージが形成されていくことになったのです。

 

その頃は養殖は行われておらず、成長に時間がかかったためでした。
養殖が始まったのが明治に入ってからで、その後高級食材として、珍味として、はては優秀なサプリメントとして大活躍するに至ったのは、ご存知の通りです。以上が、すっぽんの歴史的背景の概要です。

 

その歴史をひも解いてみても、長く、奥の深さを感じさせてくれるすっぽん、あのグロテスクな外見からは想像もつかないほど、様々な効能を内に秘めています。

 

昔の人たちも、きっとそれを肌で感じていたのに違いありません。きっとこれからも、ますます人々に愛されていくことでしょう。

 

Q&A

この記事に関連する記事一覧